ハワイオアフ島9月13日からワクチンパスポート開始
記事と写真は直接関係ありません。

ワクチンパスポートは9月13日から試行されます。
ホノルル市のリック・ブランジャルディ市長が述べたところでは、オアフ島全域で多くのレストランや施設、サービスが対象で12歳未満は免除されるとのことです。

レストランなどへの入店やサービスを受けるためには規定のワクチン接種が完了したことを証明する書類の提示、または48時間以内に受けた陰性証明が必要になります。
原本がない場合は写真でも可能で、本土などからハワイへの渡航情報を登録する「Safe Travel」でワクチン接種特例プログラムがあればスマホなどの画面提示でも良いということです。
ただし、日本などは未対象となります。 

対象は、レストラン、バー、映画館、劇場、美術館、動物園・水族館・植物園の屋内エリア、ホテルのフィットネスルーム、スポーツジム、ダンススタジオ、屋内プール、ボートツアーなどです。

ブランジャルディ市長は、ロックダウンを避けるための施策として「Safe Access O'ahu」という名前のワクチンパスポートを実施すると語っています。

今回の試行は9月13日(月)から60日間を予定しています。

数は圧倒的に少ないでしょうが、この期間に日本人の観光客もいるはずですね。
その人たちはどうするのでしょうかね??
48時間以内の陰性証明を求められるんでしょうか?? 
日本人観光客は未対象だから気にしなくていいのかしら??

気休めでも日本のワクチン接種証明を持っていっておいた方がいいのかな??


【9/3 追記】 ハワイ州観光局のニュースより

海外からの渡航者のワクチン接種証明書の条件:

  • FDA(米国食品医薬品局)が承認している新型コロナウイルス感染症のワクチン接種メーカーであること(ファイザー、モデルナ、またはジョンソンアンドジョンソンのいづれか)
  • 最終接種日より15日経過していること
  • 公的機関(自治体)が発行したワクチン接種証明書であること
  • 英語にて接種証明が記載されていること

(注意)アストラゼネカ社のワクチンは米国食品医薬品局から正式なワクチンとして現在承認されていません。

身分証明書の条件:
-氏名と顔写真があるもの
-氏名と生年月日があるもの
例:パスポート、ハワイ州が発行する身分証明書、運転免許証、学生・在職証明証

【9/3夜 さらに追記】 ハワイ州観光局のニュースより 

9月13日よりオアフ島で開始される「セーフアクセスオアフ」プログラムにおいて海外発行のワクチン接種証明書につき、ハワイ州「セーフトラベルズプログラム」との調整が必要となるため、ホノルル市郡は海外発行のワクチン証明書の承認を一旦延期することとなりました。
ホノルル市郡からの新たな発表があり次第、こちらの情報を本サイトにて公開いたします。 

【2021年9月10日更新(ハワイ現地時間)】

ハワイ現地時間9月13日よりオアフ島で開始される「セーフアクセスオアフ」プログラムにおいて海外からのワクチン接種証明書が承認されました。


https://www.allhawaii.jp/covid19/news/20210831/ 





Honolulu Star Advertise の記事


Safe Access O'ahu の公式ページ 

ホノルル市ホームページ掲載の緊急行政命令(NO.2021-11)

 
youtubeバナー

↓↓ ぜひ、3つのバナーをクリックお願いします! ↓↓

 にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ アロハストリート ブログランキング

↑↑ ランキング参加中です (^^ ↑↑









いつも「一日・一ハワイ」を読んでいただいて、ありがとうございます。
一言コメントを残していただけると、とても嬉しいです。