6月16日ハワイの島間移動の14日間隔離解除

現地時間6月16日より、
ハワイの島間移動における14日間の自己検疫隔離の制限が解除されました。
それに伴って、飛行機への搭乗に関して新しいルールが設けられています。

乗客は、事前に渡航歴や検疫に関する詳細なチェックシートへの記入が必須になります。
州の衛生局のウェブサイトから用紙をプリントアウトして記入します。
記入は、出発時刻の24時間以内に限られます。

空港でチェックインを済ませると、体温チェックを受けなければなりません。
もし、38度以上ある場合は搭乗を拒否されます。

体温チェック後に準備したチェックシートを提出して情報の誤りや漏れを確認され、
問題がなければやっとTSAのゲートへ進むことができます。

従来よりもかなり時間を要することになります。

ハワイアン航空では、水やジュースのサービスはありますが回数を減らします。
機内誌の使い回しは行わずに搭乗ゲートで受け取るようになります。 

また、安全な間隔を確保するために予約を70%に抑えているのだそうです。


ハワイアン航空の安全衛生への取組


HAWAII NEWS NOW の記事のGoogle翻訳です。


予約は好調なようです。
第2波の予防はしっかりしないといけませんが、
人の動きが活発になり少しでも経済が回復すると良いですね。

ただ、州外からの旅行者が戻ってこない限り、観光業は前途多難です。。。





↓↓ ぜひ、3つのバナーをクリックお願いします! ↓↓

アロハストリート ブログランキング
 にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ 

↑↑ ランキング参加中です (^^ ↑↑





- 広告 -



- 広告 -




いつも「一日・一ハワイ」を読んでいただいて、ありがとうございます。
一言コメントを残していただけると、とても嬉しいです。