LeaLeaバケレン CaptainCook 1
2020年3月に宿泊したコンドミニアムのワイキキ サンセット。
H.I.S.が運営する「LaeLaeバケーションレンタル」を通じて予約をしました。

到着してお会いしたチェックイン担当の日本語堪能イケメンスタッフが
キャプテンクック・リゾーツの名札をつけていらっしゃいました。
そして、お部屋に置いてあったジムなどの設備を利用するための鍵のキーホルダーが
キャプテンクック・リゾーツのものでした。

なるほど、なるほどー、、、
LeaLeaバケーションレンタルは、自社で物件管理をしているのではなくて
H.I.S.がキャプテンクック・リゾーツと提携して物件の仲介をおこなっていると思われます。

「キャプテンクック・リゾーツ」は、日本語のウェブサイトもあり現地でも日本語対応
してくれるバケレンの会社で、日本から利用する方も多い信頼できる会社だと思います。



LeaLeaバケレン CaptainCook 2
そこで、両方のサイトを見比べてみると、扱っている物件がほぼ同じでした。
(全部見比べたわけではありませんが)

試しに、ゴールデンウィークの1週間をワイキキ サンセット 2904号室で
見積もってみたところ。。。

LeaLeaバケーションレンタルは、基本料金1050.00ドルで総額1651.05ドルとなりました。



LeaLeaバケレン CaptainCook 3
かたや、キャプテンクック・リゾーツの方は基本料金が同じ1050.00ドルで
総額1461.11ドルでした。


同じ物件で、LeaLeaバケーションレンタルの方がサービス料の189.94ドル分だけ
高くなっていて、これがいわゆる仲介料ってことになるのでしょうか。

さて、この差をどう見るか?

金額だけならキャプテンクック・リゾーツ直予約の方が良いのですが。。。。



LeaLeaバケレン CaptainCook 4
LeaLeaバケーションレンタルにはこの3つの特典がついてきます。
けっこう使えるヤツら。



LeaLeaバケレン CaptainCook 5
まず、前の記事でご紹介したように、到着時にプレミアムラウンジが使用できます。



このラウンジはとってもよかったです。
チェックインまで荷物を預けて自由にできました。

加えて、ワイキキ内に点在するLeaLeaラウンジを滞在中は営業時間内ならいつでも
利用できて、いろんな予約や相談、休憩などをすることができます。



LeaLeaバケレン CaptainCook 6
そして、
一部ルートの例外はありますが、ほとんどのLeaLeaトロリーの路線を利用できます。
オアフで一番路線と停留所の多いトロリーですから。

便利ですね〜。



そして、今回の旅で一番よかったなぁって思ったのが、例の帰りのデルタ便欠航の時。



この時に朝一番で、チェックイン時に会ったキャプテンクック・リゾーツの
担当者の24時間対応緊急連絡先(と書いてあったけど...)に連絡したのですが、
時間をずらして3度かけてもずっと留守電でした。
ですのでメッセージを残したのですが。。。

結果だけ言うと、この後折り返して電話がかかってくることはありませんでした。
(LeaLeaから情報が共有されていたのかもしれませんがね。)

手段を変えて、LeaLeaバケーションレンタルのインフォメーションにメールしたら、
延泊が可能かどうかチェックするとの返信が30分以内にあり、1時間以内で
同じ部屋での延泊が決定しました。

LeaLeaバケーションレンタルの、この対応力は嬉しかったです。 



というわけで、今後もコンドミニアムのバケレンに泊まりたい時は、
LeaLeaバケーションレンタルを利用するだろうなぁって思います。




↓↓ ぜひ、3つのバナーをクリックお願いします! ↓↓

アロハストリート ブログランキング
 にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ 

↑↑ ランキング参加中です (^^ ↑↑




LeaLeaバケーションレンタル by H.I.S. Hawaii
https://www.lealeavacationrentals.com


キャプテンクック・リゾーツ バケーションレンタル
Captain Cook Resorts
https://www.hawaiirentals.jp












いつも「一日・一ハワイ」を読んでいただいて、ありがとうございます。
一言コメントを残していただけると、とても嬉しいです。