Puuhonua o Puuhuluhulu 1
サドルロードの途中、マウナケア アクセスロードへの分岐のあたりです。

多くの人が集まっていて、アクセスロードが封鎖されています。


マウナケアを、守るために。







どうして、このようなことが起こっているのか、、、
これらの記事にわかりやすくまとめてあります。


ハワイイで起きている”TMT計画”と“Protect Mauna kea”運動を読み解き、
いかに行動するべきかを考える(前編)


ハワイイで起きている”TMT計画”と“Protect Mauna kea”を読み解き、
いかに行動するべきかを考える(中編)





Puuhonua o Puuhuluhulu 2
TMT(Thirty Meter Telescope)の建設に反対して、工事車両が侵入できないように
多くの人がこの地にとどまってエリアを守っています。

TMTはアメリカ、カナダ、中国、インド、そして日本の国立天文台が協力して進める
プロジェクトで、日本も当事者です。



Puuhonua o Puuhuluhulu 3
この問題は今に始まった事ではありません。

2015年の日刊サンの記事です。

今回、ハワイアンの聖地であるマウナケアへの理解がまだまだ乏しい州政府が、
再び建設認可を出した事で大きな反対運動につながってしまいました。



Puuhonua o Puuhuluhulu 4
個人的にはハワイアンの皆さんの気持ちに寄ってはいますが、
勧善懲悪で、正義と悪に単純に分けられるものではないようにも思えています。


TMT側の内容も知っておかないと。

「TMTの公式サイト」
 https://www.tmt.org











Puuhonua o Puuhuluhulu 5
立場の違ういろいろな考えがあるのだと思います。
勝ち負けではないのだろうとも思います。

本当に難しい問題なのですが、単なる観光旅行者でしかない自分としては、
静かに、でもきっちりと考えを整理して自分の位置でできることをやっておこうと思います。






























↓↓ ぜひ、3つのバナーをクリックお願いします! ↓↓

アロハストリート ブログランキング

アロハストリート
ブログランキング


にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村


ハワイランキング

↑↑ ランキング参加中です (^^ ↑↑

いつも「一日・一ハワイ」を読んでいただいて、ありがとうございます。
一言コメントを残していただけると、とても嬉しいです。