信頼できるナビがいれば、大丈夫!?w



さすが、クルマ社会のアメリカですね。
日本より、ハワイの方が運転しやすいです。ゼッタイ!w

左ハンドルと、右側通行に最初はプレッシャーを感じるかも
しれませんが、それを克服して余りあるメリットが得られると
思います。 行きたい所にいつでも行ける自由。^^



基本的にドライバーは、みんなフレンドリーに感じます。
合流の時でも、ウインカーを出せばちゃんと入れてくれます。
日本のように、我先にって感じがないです。
マナーは圧倒的に良いと感じます。

歩行者優先の意識が高いので、横断歩道を渡ろうとすると、
ほとんどのクルマが停止してくれます。
逆に、ノースのビーチ沿いなどを気持ちよく走っていると、
急に前のクルマが止まって、慌ててブレーキを踏むことが
あります。見ると、ビーチへ出るために車道を渡ろうとした
サーファーを通しています。海沿いの快適に走れる道ほど
注意が散漫になりがちなので、気をつけないといけません。

日本で、よく道を譲ってくれた時にクラクションを短く鳴らしたり
ハザードを数回点滅させたりしますが、これは通用しません。
クラクションやハザードは、緊急事態を知らせるためのもので、
よっぽどの事がない限り使いません。
お礼は、相手に見えるように手を振ったりしています。w


赤信号でも、右折が出来ます。
日本人的には、「ホントに行っちゃっていいの?」と、戸惑い
ますが、慣れれば便利です。大きな通りでは、赤信号右折禁止
の標識がでています。
それから、左折の矢印信号は、青信号の前に出ます。
赤から、まず左折信号に変わり、それから青信号になります。
あと、信号の無い交差点では、先に一旦停止したクルマの方に
優先権があります。こちらを行かせるために止まってくれたと
思わないように。「先に止まった方が先に行く。」です。
さらに、スクールバスが赤い警告灯を点滅させて停車している
場合は、児童の乗降中ですので、絶対に追い越したりしては
いけません。警告灯が解除されるまで停止して待ちます。
対向車も同じです。






とても便利なことに、ほとんどの通りに名前がついていますので、
地図が1枚あれば道を間違えることはあっても、迷うことはありません。

ぜひ、レンタカーにチャレンジしてみてください。
圧倒的に世界が広がりますよ。^^
でも、気を緩めずにアロハの気持ちで安全運転を心がけてくださいね。
保険の準備も忘れずに!